債務整理中はデビットカードをクレカ代わりに使う

債務整理中は、今まで使ってきたクレジットカードの使用や、新規のクレジットカードの発行が制限されます。

クレジットの個人信用情報の情報を保持期限は5年を超えない範囲となっているので、債務整理が開始してから最長で5年間はクレジットカードの新規の発行はできないことになります。

クレジットカードはネットで通販をしたり、ネット関連のサービスを受ける際には、なくてはならないような便利な存在になっています。これが使えないということであれば非常に不便を知られることも出てきます。

しかし債務整理中であってもクレジットカードではなく、デビットカードであれば新規で発行を受けて使うことができます。

デビットカードであれば、銀行の残高の範囲内でしか利用ができないため、お金を使いすぎて仕事もないというわけです。

最近ではデビットカードに VISA 機能がついた VISA デビットも登場して、クレジットカードとほとんど変わらない使い方ができるようになってきました。

債務整理を始めてクレジットカードが使えなくなってしまった方は、まずはデビットカードを申込みましょう。

個人信用情報のデータがリセットされる5年間はお世話になるわけですから、債務整理生活がスタートした時点で申し込んでおくと良いでしょう。

更新日: