任意整理後の生活 買い物は全て現金 5年経てばローンも

  • 投稿日:
  • by

今考えると、金銭感覚が完全に正常ではありませんでした。

私は自営で生活をしていたのですが、カードローンというのも出始めてきた頃で、借りるにも審査がかなり緩いような状況だったと記憶しています。いまは社名すら思い出せないのですが、プロミスさんを始めとする数社のカードを作っては借り、作っては借り...で、まるで自分のお金(収入)が増えたかのように錯覚すらしていました。ここがまずはいま考えるとそもそもの間違いなのですが、当時は全く気づきませんでした。

現在も変わっていないのかと思いますが、カードは簡単に作れてしまう...良い所でもあり悪いところでもありますね。

気が付くと覚えている限りで3〜4社分のカードを作り、限度額いっぱい(50万)まで全てのカードで借りていました。単純に200万円+利息ですね。気づいた時にはすでに遅かったですね、返済が追いつくわけがありません。完全に自転車操業でした。最終的には督促の山になり借金が返せなくなり、簡易裁判で債務整理という結末でした。どうにもならなくなった借金を抱えて返せないというなんとも後味が悪かったのをいまでも記憶しています。

一見、こうすればあとは元金だけを支払えばいいみたいにい思われるかもしれませんが...いや確かにその通りなのですが、そんなうまい話はありません。だったらみんなやってます。当然ながらリスクを背負うことになるわけで、私の場合は完済から5年間ローンを組めない立場(身分)になりました。たかが5年、されど5年...整理できてスッキリ!という感じではありませんでした。

自己破産ではないのでそこまで思う必要はなかったのかと思いますが、ある意味自己破産と同じですよね。私は幸いにもその状況をとても後悔したので、それから数年、カードは持たず現金のみで買物をするようになりました。

現在は会社勤めとなり、信用も回復し、またカード(銀行系)を利用するようになっていますが、当時の反省を踏まえ、「カードローン」という仕組みとうまく付き合えるようなっています。

昨今、それなりの勤めでそれなりの収入があれば簡単にお金の借りられる時代です。借りたお金、返すんだから自分のお金じゃないか!と思われるかもしれませんが、私はそうではないと思っています。借りているうちはやはり人のお金なんだと思います。返済ができなくなった時のことを考えてみてください、自分のお金じゃないから返せなくなるんですよね?自分の持っているお金や貯金以上にお金を得ているわけですよね。

結局お金って、自分で働いた収入分しか無いのだと思います。貯金して貯まったところで現金で買う、これが理想的ですが、高額になるとそうもいきません。やっはりローンのお世話になる場合もあります。その際はよく考えて返済の出来る範囲で買い物をすべきだと思います。

返済できて初めて自分のお金です。借りているうちのお金は自分のお金ではありません。借り入れを重ねるというのはとてもお勧めできません、せめて完済したら次へ...というようにうまく付き合っていければと思いますし、結局は自分に返ってきます。

現在大変な思いをしている方は一日も早く解決する方法を、うまく付き合っている方は欲張らずにそのままうまく付き合っていきましょう。