債務整理をしていてもお金を借りれる金融というと、いわゆる「ブラックリストでも借りられるところ」ということになります。大手の消費者金融などではもちろんお金を貸してもらえませんが、中小の金融会社なら債務整理でもお金を借りれるところもあります。中小の金融会社は全国に数多くあり、その中から現在の状況や属性においても借りられるところを見つけなければなりません。

債務整理でも借りれるといわれるところでも、本当に借りられるかは場合によって異なります。審査を受けてみなければわからないのが実情です。ブラックでもお金が借りれる金融を紹介しているサイトを参考にして、借りれるところを見つけていきましょう。

大学3年生のときのことです。当時、つるんでいた大学の先輩たちはいわゆるお坊ちゃまたちでした。いつもいい服に、いい車を乗り付けて遊んでいる姿を目にしました。

自分は苦学生だったのでお金はいつもなく、つらい生活をしていました。しかし、その先輩たちとつるむせいで余計にお金がなくなり、ほしいものが買えない状態が続いていました。

自分の趣味であるバイクのどうしてもほしい型を見つけたとき、手持ちでは到底、手がだせませんでした。しかしそこで貯金という選択肢を選ばず、闇金を使おうとしたのが大きな間違いでした。

私は仕事からのストレスで、パチンコにハマってしまいました。

これとといった趣味も無かった私は、休日のたびにパチンコをしていました。開店前から並ぶこともありました。パチンコにハマると、浪費癖がすごいのです。1万円がただの紙切れのような感じで、金銭感覚がマヒしてしまいました。

そう給料も高くないの、休みのたびにパチンコです。でも、たまに大勝することもあります。そんな時は、風俗にも、おかねを費やしました。

銀行系のカードキャッシング枠50万円も使い切り、ついにはサラ金に手を出しました。

入社した会社から通勤の便が良い範囲に引っ越しを考えていました。引っ越すといっても当時はお金がなく、引っ越しができる状況ではありませんでしたが心機一転仕事がんばって返していこうと借り入れの決意をしました。

始めはモビットでの契約でした。始めて借り入れで実績がないとのことで、初回の借入限度額は20万円。これでは引っ越しができないと思い契約のみで済ませ、2社目、3社目と契約を行いました。

どこも限度額は20万円ほどでしたが、同タイミングで一気に借り入れをしてなんとか引っ越し資金は調達できました。

初めて借金をしたのは消費者金融のレイクで、借入額も5万円と可愛いものでしたが、わずか1年後には5社から200万円の借金を抱えるようになり、多重債務者として毎月利息を払うために仕事をしていたようなものでした。

利息だけで月8万円も払っていた私は、このままではいけないとおまとめローンで一社にまとめようと考えました。しかし、結局審査には通らず最後に手を出したのが街金です。

お金なんて出来たら借りたくない。

15年以上前に一度債務整理した事があって二度とするまい、と思っていたから。

でも元々浪費家で後先考えずお金を使ってしまう私は給料が入るとその日に大半を使ってしまう事もしばしば。

給料日まであと三週間あるのにあと3000円で生活しないといけない、っていう事もよくあった。

この年齢になると正社員で働く事は難しいし、これだけ浪費家だと運良く正社員になれても少ない給料ではやっていけない。

結局派遣社員になるしかない訳で、そうすると期間満了になった後、次の仕事が決まるまで数週間空いてしまう事がある。

20代にMLMで生活をしようと思い仕事を退職したが、うまく稼ぐことができす、消費者金融やクレジットのキャッシングローン、車の購入などで、400万ほどの借金をつくりました。

その後、MLMでは生活ができなくなったので訪問販売会社へ入社しました。

3カ月ほどは順調に商品も売れ、借金の返済は順調で来たが、その後、思うように売れなくなり、返済が滞りました。

若いころからクレジットカードを利用していました。

クレジットカードでの買い物はポイントがついて、キャッシュバックや景品と交換できるからです。

最初は給料の範囲内で利用していたのですが段々と現金感覚がなくなり、ポンポンと利用するようになってしまいました。

気がつけばクレジットカードの限度額いっぱい。

毎月の支払いも苦しくなってきました。

そこで、新聞折り込みのチラシを見て一本化を図ろうと思い業者に電話したのがすべての悪夢の始まりでした・・・

今考えると、金銭感覚が完全に正常ではありませんでした。

私は自営で生活をしていたのですが、カードローンというのも出始めてきた頃で、借りるにも審査がかなり緩いような状況だったと記憶しています。いまは社名すら思い出せないのですが、プロミスさんを始めとする数社のカードを作っては借り、作っては借り...で、まるで自分のお金(収入)が増えたかのように錯覚すらしていました。ここがまずはいま考えるとそもそもの間違いなのですが、当時は全く気づきませんでした。

現在も変わっていないのかと思いますが、カードは簡単に作れてしまう...良い所でもあり悪いところでもありますね。

自己破産をした場合は金融ブラックリストに長期間情報が掲載され続けるため、クレジットカードを作ったり、新たにカードローンを契約してお金を借りるということは非常に難しくなります。

しかし、自己破産をした方でも免責が下りていれば、お金を借りることができる消費者金融は、あまり知られていませんが意外とあるのです。

もちろんアコムやプロミスといった大手の消費者金融から自己破産後にお金を借りるのはまず無理です。

しかし、中堅や中小の消費者金融や、新規に貸金業登録したばかりの新しい金融会社であれば、自己破産をした方でブラックリストに載っている方であっても、柔軟な審査を行うことでお金の貸付を行っているところがあります。

フクホーは大阪に店舗を構える中規模の消費者金融です。

創業から45年を経過している老舗の金融会社で、
街金とはいえ、安心してお金を借りられるところです。

フクホーは金融ブラックの方はもちろん、
債務整理中の方も数多くの方が審査で可決した実績のあるところで、
フクホーでお金を借りられて助かったという方も数多くいらっしゃいます。
⇒フクホー詳細

フクホーの借入利率は、年利7.3%~18.0%となっていて、
街金でありながら、大手の消費者金融と変わらない利息でお金を借りることができます。

債務整理中で銀行や大手の消費者金融から借りれない立場からすれば、
ありがたいことですね。